コンサルタントです!

よく若い女性から、

「どこで学んだのですか?」

と訊かれますし、若手経営者もコンサルタントのこと、よく分かっていないことが多いのでご参考までに。

 

【そんなコンサルタントってあるんですか?】


「そんなコンサルタントってあるんですか?」

と特に地方都市の一般女性から言われることが多いですね。
コンサルタントは資格と言うよりも、自分の知識や経験を独自の理論にして、企業の売上、利益、事業の成長に努めるのが仕事です。


独自の理論にするまでが、自分の人生や魂を磨く感じ。それは半ば地獄…


そして忘れてはならないのが、この専門性は基本、戦術。


コンサルタントとしては経営者同様に戦略ができないといけないですね。


…私は最近わかりましたよ。


私の場合、親戚の住宅販売を手伝った時、こんなコンサルタントがいればいいなと思ったのもきっかけです。


また岡山時代は、公共事業が激減し住宅事業をせざる得なかった建設会社の経営者に指導していました。


彼らの悩みは知り合いには販売できても、全く見ず知らずのお客様にはなかなか販売できず…
自分たちを気にいって買ってくれない…その壁を打破するにはどうすれば良いのかを一緒に考えていましたね。


これらが、現在私が指導する独自の理論のベースになったのは、言うまでもありませんよね。