心理的アプローチがよく分からないですか?

「え〜心理的アプローチって何ですか?」

というお声もあります。新しい価値観ですからね。

 

下記のお話を参考になさればいいと思いますよ。

 

【お店の中がピカ〜ンと】


先日、私の著書の事例にも出てくれた「焼肉ふくざき」さんのFB投稿記事があり拝見しました。
驚いたのは、当時、弊社が手がけたものを使用してくださっていること・・・。
いや、嬉しいのですよ。もう変えられているだろうと思ってもいたので・・・。


大勢の仲間が来店されて賑やかな雰囲気、お店の中がものすごく神々しく輝いているようにも見えました。
お客さまの楽しそうな様子・・・


お店の中が当時を知っている私の思っていた以上に輝いて見え


恐らく、その後の努力でしょう。それらがよく分かります。


さて、私が指導しているのは、「集客における科学的アプローチ」で、さらに細分化された色や心理学という心理的アプローチを指導しています。


例えば、お店のリニューアルに際しても、建物や店内を綺麗にするということとは別に、


お客さまがいかにふらっと入ってくるかとか、その後、リピーターやファンに自然となってくれるとか、地域の人にいつのまにか愛される・・・


というのを考えるというものです。


*ちなみに、私に「心理的アプローチを色で」と依頼してきた岡山商工会議所も、まさにここを地元企業が身につけて欲しいと思っていたからなのです!


当時は、経営者である福崎さんに口頭で説明しているにすぎず、福崎さんがいろいろと解釈されて現在にいたるのでしょう。
心理的アプローチを身につけると、長期的に成長もしますよ。あなたの会社の集客をもう少し考えたいあなたにオススメします。